私の政治理念

「すべての人に居場所と出番を」 〜お互いに支え合い助け合う地域に向けて〜
 徹底した現場主義 〜何事も現場に魂あり〜



 この理念を掲げたのは、何事も理論理屈でなく、実際に現場を見て当事者や関係者から話を聞かないと実態が見えてこないことを何度も実感してきたこと。

また、高齢者、障がい者、若者、子どもなど、あらゆるすべての人が世代や立場を越えて、お互いに支え合い助け合う地域社会を目指しているからこそです。

年金だけではアパートの家賃を払えず高齢であるがゆえに仕事も見つからず生活困窮する高齢者。パート労働で掛け持ちして昼夜働いてもギリギリの生活費しか稼げないシングルマザー。真面目に一生懸命働いていても一方的に解雇され寮からも追い出され仕事も住まいも失う若者。こうした数多くの声を聞き、あらゆる生活相談に対応してきたことが原点です。

おぐら修平の政策

格差貧困問題、若者雇用に取り組む地方議員として
〜痛みがわかるからこそ出来ることがある!〜

これらの政策は派遣社員などあらゆる非正規雇用を経験してきたことや、議員秘書6年、区議2期8年の中で寄せられた皆さんの声の集大成でもあります。

若者に夢と希望を


◆足立区内で推計3,916人のニート、2,525人ひきこもりの若者の1人でも多くの若者が自立して生きがいと希望を持てる社会に向けての施策を強化します!
◆誰もが等しく学ぶ機会に向けて、一部返済不要の大学奨学金制度を創設します!
◆中学進路未決定者、高校中退者や進路未決定者の進学・就職支援の強化と予防策の強化を図ります

あらゆる世代の雇用対策の強化を


◆ワークライフバランス推進事業を拡充します!(区内企業に社会保険労務士など専門家を派遣して社員が働きやすい環境整備に向けた取り組み)
◆グレーゾーンの発達障がい者の働く場所の確保に務めます!
◆官製ワーキングプア(非常勤職員、指定管理者、業務委託など)の待遇改善に取り組みます!
◆シルバー人材センターの更なる活用などにより、高齢者の仕事の確保に務めます!

老後の安心を


◆足立区内で推計3,916人のニート、2,525人ひきこもりの若者の1人でも多くの若者が自立して生きがいと希望を持てる社会に向けての施策を強化します!
◆誰もが等しく学ぶ機会に向けて、一部返済不要の大学奨学金制度を創設します!
◆中学進路未決定者、高校中退者や進路未決定者の進学・就職支援の強化と予防策の強化を図ります!

子育て支援の拡充を


◆保育園に入所できない待機児童ゼロを目指します!
◆子育てサロンの拡充や日曜開館場所の拡大など、子育て世代の交流場所の拡充に務めます!
◆子育てと仕事の両立支援に向けてワークライフバランス推進コンサルタント事業を拡大します

命を守る、災害対策の強化


◆耐震診断や耐震補強工事の実施に向けて助成支援の拡充をします!
◆障がい者や高齢者等々、災害時要援護者のすみやかな救助体制を確立します!

交通網の整備


◆交通過疎地域のコミュニティバスはるかぜの早期開通に向けて取り組みます!(特に新田・中川地域)
◆日暮里舎人ライナーの通勤ラッシュの解消、駅前駐輪所整備を更に進めます!

このページのトップへ